長繊維配向技術
Corporate Logo Mark
 
Long-fiber filler orientation technology

Weld line can be eliminated

長繊維配向技術

>> PDFダウンロード:in English : in German

日進工業では異方性を持つフィラーの配向制御技術に関する特許を保有しており、ウェルドに顕著な強度低下、不均一な収縮からくる歪み、色調の不良等を効果的に改善し、成形精度、強度、および外観の著しい向上をもたらすことが可能です。

Breaking test of weld line 右の画像では、樹脂が両端のゲートから注入され、中心にウェルドがあるテストピースを示しています。標準的なテストピースの場合、引っ張り試験を行うとウェルドで破断しますが、日進の長繊維配向制御技術を施したテストピースでは、ウェルド以外の箇所が破断するほど強度が向上します。実際、当社の長繊維配向技術を適用したテストピースの強度は、通常品の5倍に達し、さらに、ウェルドを一切持たない一点ゲートのテストピースの強度を上回ることも可能にしました。

テストピースISO dumbbell Type A1 multi-purpose test piece (t=4)
方法ISO 527-1 and 527-2 test standards
Test speed:5mm/min. n=5
環境Measured dry at 23 degrees celcius and 50% RH
材料Resin PA6 with CF30wt%
TORAYCA TLP1060 from Toray: Carbon fiber 30wt%, long fiber pellet
No weld (1 gate) test piece. Tensile strength on Toray catalog specs: 280 MPa
結果 平均引張強度:288.63 MPa、最大引張強度:310.00 MPaを達成

平均引張強度288.63 MPaはウェルドを持たないテストピースの強度280 MPaをも上回ります。ウェルドのあるテストピースの強度は 57 MPaですので、日進工業の長繊維配向技術を施したテストピースは、その5倍の強度を達成したことになります。



ホーム

ソリューション
配向制御技術 | 塗装レスメタリック着色樹脂成形 | 樹脂性PESレンズ

技術支援
流動解析支援サービス | 技術支援サービス

企業情報

お問い合わせ